クビ(KUBI)の機能紹介

クビ(KUBI)の機能紹介:KUBIへの搭載対応タブレットをご紹介!

KUBIの顔となり必要不可欠なもの、 それは間違いなくタブレット端末です。 KUBIは携帯性とコストパフォーマンスを追求したため、 頭脳とディスプレイ、オーディオをタブレットに依存しています。 KUBIにはiPadととも
続きを読んでみる »
クビ(KUBI)のご質問をシェア

クビ(KUBI)のご質問をシェア:新型のiPadはKUBIに搭載可能?

◯ご質問 KUBI用として新型のiPadを検討しています。 KUBIに搭載可能でしょうか? その場合、ClassicとPlusのどちらがオススメですか? ◯回答 ご連絡ありがとうございます。 KUBIには新型のiPad
続きを読んでみる »
クビ(KUBI)のご質問をシェア

クビ(KUBI)のご質問をシェア:KUBI ClassicとPlusどちらにしたら良い?

これまでKUBIの主流は、『KUBI Classic』でした。 『KUBI Classic』は、ベーシックなKUBIで 搭載できるタブレットは、 最大245mm以下、6~10インチタブレット。 例えば、 イ
続きを読んでみる »
クビ(KUBI)のご質問をシェア

クビ(KUBI)のご質問をシェア:iPadは9.7インチ・miniどちらも?

◯ご質問 インチとiPad miniどちらも搭載可能ですか? また、どちらの方がKUBIに適していますか? ◯回答 KUBIには インチもminiも搭載可能ですし、対応しています。 そのためどちらにす
続きを読んでみる »
クビ(KUBI)のご質問をシェア

クビ(KUBI)のご質問をシェア:iPad Pro12.9インチはKUBIに搭載可能?

KUBI Classicに iPad Proのインチは搭載できますか? KUBIには、 『KUBI Classic』と『KUBI Plus』との2種類あり、 それぞれタブレットを搭載できるサイズが異なります。 『
続きを読んでみる »
クビ(KUBI)の機能紹介

クビ(KUBI)の機能紹介:KUBIの仕様は?specificationは?

本日はKUBIの仕様をご紹介します。 【300°回転、+ / – 45°傾斜】 KUBIは左右に300°パン(首振り)出来ます。 前後への傾きは前に45°、後ろに45°です。 まさに人間の首(クビ)と同じ可動域です。 【
続きを読んでみる »